不眠に対する鍼灸治療

肝臓もまた冷えに弱い

もっとも冷えに弱いのは腎臓です。腎臓が弱くなると肝臓も必ず悪くなります。
これは、西洋医学でも同じことが言えます。手術前の身体チェックに腎機能(BUN、クレアチニン)、肝機能(ΓーGTP)を確認します。
腎臓、肝臓は薬のろ過、排出に関係している臓器です。
鍼灸では、腎臓は親で、肝臓は子です。これを相生関係といいます。
夜は眠れず、朝は早く起きてしまう人は、腎臓も肝臓も弱っている人です。

不眠は幸せホルモンが減少している

肝臓と腎臓が弱くなると不眠に陥ることがあります。
ストレスは睡眠を誘います。それは、ストレスによって脳内麻薬のエンドルフィン、エンケファリンが生産されるためです。
ストレスにあうと人は眠りに逃げようとします。
しかし、真面目な人は、ストレスに対して一途に悩み、幸せホルモンのセロトニンが減少してしまいます。
セロトニンが減少している人は痛みに敏感になる傾向があります。
そのため、首や肩のこりが気になってよけい眠れなくなります。

腎臓の時間、肝臓の時間

鍼灸では、午後11時から午後1までを腎臓の時間といい、この間に腎臓は疲れを回復します。
午前5から午前7時までを肝臓の時間といいます。
肝臓は精神的ストレスを最も受けやすい臓器です。
肝臓の異常でおこる症状の特徴は、つっぱったかんじです。脇腹がつっぱる。胃や下腹部がつっぱる。月経の時に胸が張るのもそうです。

不眠に効果があるツボ

★心兪(しんゆ)

★脾兪(ひゆ)

★三陰交

不眠の人は、首、肩、背中のこり感を訴えるケースがあります。
合わせて治療すると更に効果が得られます。

関連記事

  1. 冷え症に対する鍼灸治療(その2)

  2. 脈圧を知っていますか?鍼灸で高血圧を改善しましょう。

  3. ヘバーデン結節に対する鍼灸治療

  4. 手根管症候群に対する鍼灸治療

  5. イライラを抑える鍼灸治療

  6. 冷え症に対する鍼灸治療(その1)

  7. 神経傍刺鍼(しんけいぼうししん)の鎮痛のメカニズムとは(腰痛…

  8. 薬でも治らない頭痛、鍼灸治療を試してみませんか。

  9. 腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。