神経傍刺鍼(しんけいぼうししん)の鎮痛のメカニズムとは(腰痛に対する鍼灸治療)

神経刺鍼の鎮痛機序とは

神経傍刺鍼(しんけいぼうししん)の作用メカニズムは神経本幹や血管を圧迫する筋肉内に直接刺鍼をすることで、軸索反射と共に血流の改善がみまれます。更に大腰筋及び梨状筋への刺鍼は、筋内受容器からの刺激が、反対側の視床下部前部に伝えられ、その視床下部が反射中枢となり、交感神経に含まれるコリン作動性神経を介する「体性-自律性反射」を引き起こすことがわかってきました。腰臀部筋に行った神経傍刺鍼は、この反射により下肢筋群の血流の改善がおこり、坐骨神経痛に対する痛みの改善にも非常に有効です。
これはブロック注射と同様の発想で、坐骨神経痛治療の約70%以上に効果があるとされている。

痛みの悪循環

痛みの発症→痛覚閾値の低下→筋肉の過収縮→発痛物質の産生

鍼灸をすることで

神経刺鍼の刺激→筋緊張の緩和→痛覚閾値の上昇→痛みの改善

大腰筋 L4神経根パルス

刺鍼部位
棘突起の高さで正中から外方2横指、3寸5番を使用。

関連記事

  1. 腰部脊柱管狭窄症に対する鍼灸治療

  2. 薬でも治らない頭痛、鍼灸治療を試してみませんか。

  3. 産後のつらい「腰痛」に鍼灸治療を

  4. 冷え症に対する鍼灸治療(その2)

  5. 脈圧を知っていますか?鍼灸で高血圧を改善しましょう。

  6. イライラを抑える鍼灸治療

  7. 鍼灸治療は自己治癒力と自己免疫力を高める

  8. ヘバーデン結節に対する鍼灸治療

  9. 冷え症に対する鍼灸治療(その1)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。