低周波鍼通電療法

筑波大学式の低周波鍼通電療法で
患者様の症状にあわしたオーダーメイドのケアを提供します。

効果

・鎮痛
・末梢血流循環の促進
・コリなどの筋緊張の緩和
・自律神経反応を介した各臓器の活動の正常化
・免疫力の活性化

低周波鍼通電療法とは

低周波鍼通電療法(ていしゅうははりつうでんりょうほう)とは、体の筋肉、皮下、神経周囲にステンレス製の鍼を2本刺し、プラス極とマイナス極があるコードをそれぞれの鍼につなげ1〜100Hzの低周波電流を、鍼を介して体に通電させるものです。
通電することで、筋肉の収縮、鎮痛作用のある内因性モルヒネ様物質の分泌促進、血管に作用するサブスタンスP物質の分泌促進といった効果があり、自律神経の正常化などの様々な生体反応を引き起こし、患者様の症状を改善、解消につなげることができる治療法です。

筑波大学方式の低周波鍼通電療法を応用した
当院独自の美容鍼を提供します。

効果


・むくみの解消
・リフトアップ
・ほうれい線の軽減
・たるみの改善
・美肌効果・血色の改善
・肌荒れの改善
・眼精疲労の改善
・目のくまの解消

稲荷前はりきゅう整体院の美容鍼とは

稲荷前はりきゅう整体院では、独自の美容鍼を提供しています。
顔だけでなく、首・うなすじ、デコルテライン(鎖骨・脇周辺)にある筋肉と経穴(ツボ)を刺激することで、血流とリンパの流れをよくしデトックス作用を最大限に活かしたエステプランとなっております。

特徴としては、表情筋と眼輪筋に対して、低周波鍼通電療法を行います。これにより普段ではうまく使えていない表情筋などの顔の筋肉を刺激することができ、顔が引き締まります。

更に、インディバでケアすることでより一層、効果を高めることができます。